絵を描くつれづれ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HALのお絵かき教室 第三回 写真を使って描く
2007年12月04日 (火) | 編集 |
 お絵かき教室 第三回目 写真を使って描くコツって?

宇田ヒカル (1999年 A4 ケント紙・色鉛筆) (C)nekosen ねこせんギャラリー宇田ヒカル (1999年 A4 ケント紙・色鉛筆)
 これは、絵を描き始めて1年くらいのとき、人物画の練習に描いたものです。

 当時、人物画が描きたくて描きたくていましたが、学生でもないし(デッサン会なんてものにはぜんぜん縁がないし、家族はじっとしていてくれない)、なかなかモデルになってくれる人はいないなぁということで、よくゲーノージンを描いてました。写真から描くいい点は動かないことですね。さっきとポーズがちがうとか時間がたって光の加減がかわってきちゃったとか、そんなことを気にすることもない。初心者にとって、とってもいいモデルになります。もちろん、ゲーノージンといえば、自分で撮った写真ではないので作品としてあげられるわけではないのですが、ときどき、いまでも練習+自分の好きな人物を自分の楽しみようにと描くことがあります^^


 さて、お絵かき教室ですから、きょうは写真を使って描くときのコツが書けたら言いなっておもいますね~☆

 写真を使って描く。絵描きさんの中には邪道だと思う方も大勢いらっしゃるとおもいます。自分で使ってみる以前は私もそう思ってました。
 実際、写真を使って描くことをおぼえると、写真みたいに描きたくなるんですよね。できあがった作品は平面的な写実と偏執的に細部にこだわってしまうものになりがちです。そして、いったん虜になると、そこから抜け出すのがむずかしいです。だって、、、ちょっと練習すると上手にかけるようになるんですもの。「うごく実物をみて描いていたときのへたな自分にはもどりたくない」そう思ってしまうかもしれません。
 それでもプロの画家さんたちでも使っているのはなぜでしょう?ようは、使い方しだいということなんですね。

 さあ、目の前に人物の写真があります。たとえば、好きな人だったらどうでしょう? たぶん、あなたはにやけてますね~(笑) まるで目の前に本人がいるように、、、そう、そうなんです!目の前に実物がいると想像するんです。
 えっ、みえない? はい、スウ~(-。-)ハァ~(-0-)深呼吸~もっとリラックスして~(笑)
 写真をしばらく見つめたら、目を閉じて想像してもいいですよ。あるいは片目づつあけてちらっと(笑)
 実物をみるときでもそうですが、右目と左目でみると少しずれてちがう角度からみえますね。写真ではわかるかわからないかほどですが、それぞれ、利き目(利き手と同じ意)がありますので印象がかわってみえるとおもいます。
 さあ、実物が目の前にいてくれると感じるようになったら紙にむかって描いてみましょう(^^) 実際に相対しているように気持が湧き上がってくるでしょうか?絵を描くときには感情が大切ですね。見ているものにたいして湧いた感情、それを画面に移すのです。写真を使うときにこれが抜けてしまうと無味乾燥なただの写真からのコピーになってしまいます。


 この絵を描いた当時に買った、A・ルーミスというひとの「やさしい人物画」という本があります。今朝、少し時間のよゆうがあるのでひさしぶりに読みかえしてみたのです。人物画を描きたい人だけではなくてプロの画家をめざす人にはとっても参考になる本ですね。

やさしい人物画やさしい人物画
(2000)
北村 孝一、A・ルーミス 他

商品詳細を見る

「はじめに」というところに
「もし君が、この本の私の作品の線をなぞり、トーンをまねるためのものと考えずに、むしろ君のためにポーズをとっていると考えて学んでくれるなら最後には大いに得るものがあるだろう」とありました。
 私は写真を使うことにも同じように考えます。もちろん風景や静物・抽象画に使ってもいいかもしれません。複数の写真を組み合わせてもいい。それでも、自分のためにポーズをとってくれていると考えて写真からモチーフをいただくことをおすすめします。
  そして、まめにカメラをもって、おきにいりのものを写真を撮ってみましょう。じっさいに絵を描くとしたらと思いながら。自分自身で撮った写真はとってもいいモデルになってくれます。なにせ、興味を持つモノやみている感性がいっしょですからね(笑)
 それに権利義務なんて面倒なことは一切考えなくてもいい!
大いに活用しましょう(^^)



スポンサーサイト
テーマ:絵が好きな人
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
すごい!すごいぞ!HAL殿!!
もう、、第一回から何回も何回も熟読しちゃった!!
2007/12/05(Wed) 06:42 | URL  | 華文字 #-[ 編集]
ひゃ~~!!まさに!!
たった今、大ファンのデ・ニーロ描いたとこどす~~~。

愕然、、この3回のレッスンと同時進行なんて、、、

もし、私のブログにUPされてたら無視しといてください。はっはっは、、
あんまり思ったようにできませんでした。はぁ~~
つい、思いつきでその辺のコピー用紙に描いた後で、、ああ、ちゃんとした紙に描きゃよかった、、、と後悔。
なんか、ちゃんと構えると制作意欲がしぼむ傾向にあってだめです~~なんで~~??
絵画に関する道具は大好きなんですけどね。笑

実際描く時になんで、コピー用紙で盛り上がる???って感じです。

3回目のこのレッスンを先に読んでればもっとよかった、、ガクッ。
確かに、私もきっと邪道なんだ、、と思いつつ、、つい好きなものを写真や雑誌で見つけたりして描くのが手っ取り早くて、、、いかん。
でも、描くのがいかんわけではなし、、、などとごにょごにょ言いつつ、、
でも、、やっぱ、難しい、、、描いてる時は楽しいんですがね。
きっと、描いて描いて描きまくらんといかんのですね。
最終的には、女性のヌード画が美しく描けたらなあ、、、なんて夢ばかり、、、

このご本、購入しよっかなー、、、やさしい、、のフレーズが好き。
2007/12/05(Wed) 17:41 | URL  | すみぞ #-[ 編集]
華文字さんへ
きゃ~華文字さんコメントありがとうございます☆
こちらへもきてくださったんですね~♪

熟読、、、ひえ~とりとめなく書いてます。もう少し文章も勉強したいですよぉ~(苦笑)
2007/12/05(Wed) 20:56 | URL  | HAL #5BwB.6y6[ 編集]
すみぞさんへ
わーい、デニ~ロ~私も好きです。さっそくみにいっちゃおうっと^^

好きな人を描くと思い入れありますよね。コピー用紙大いにけっこう! 紙がなめらかでペンや鉛筆ではけっこう描きやすいでしょう?たくさん描くことが上達の早道ですものね^^
ふふっ もう少ししたら、画材にもついても書こうと思ってます。また読んでくださいね^^
一度だけ子どもにねだって(美術校の学生だったときに)ヌードデッサン会にいったんですよ~♪
やっぱり女性は美の極致だわ(笑)
2007/12/05(Wed) 21:02 | URL  | HAL #5BwB.6y6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。