絵を描くつれづれ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼岸
2007年09月28日 (金) | 編集 |
さて、絵を描くつれづれ~と銘打ってブログをはじめたのですからぁ~作品紹介もたまにはしなくちゃですね(笑)
 きょうは大人のアートに掲載されている作品の解説をしたいとおもいます。

 わたし的には感じるままに自由に想像して「作者はどんなことを考えて描いているのか?」とか「この絵はこういうことをいいたいんだな」とかみてほしいのですね。だから、男性を描いてるのに女性と思ってもOK! そう思っています(^^)

 まあ、そうはいっても、たまにはどんな風に想像の翼を広げているかを語ってしまおう~♪

彼岸

 タイトルの「彼岸」と名付けた作品ですが、今週大人のアートに載せたものです。
 ナゼ彼岸なのか、まあ、9月23日がお彼岸の中日ということで、いろいろと考えているうちに浮かびました(笑) ちなみに、掲載された日は25日(火)ですが(* ̄m ̄)プッ
 彼岸というのは春分・秋分を中日とし、前後3日を合わせた7日間のことをさすのですが、もともとは仏教用語なのでしょう、悟りの境地のことで、悩みや迷いにあふれたこの世(現実の世界)を「此岸」(しがん)と言うのに対して、悟りを開いた状態、向う側の岸「彼岸」(ひがん)というそうです。

「今はただ、しずかにあなたを思うだけ。  いつかめぐってまた会いましょう。」

 自身も身近な人を亡くす経験があり、時々生きることや、死ぬこと等を考えることがあります。作品に添えた詩の中では生まれ変わりを想像して詠んでみました。
 秋分の日は昼と夜が同じになる日、その前後合わせて7日間というちょっと曖昧な感じ。
 彼岸花、、、その燃えるような美しい姿もひとたびくちにすれば命を奪いかねない毒があり、大昔は飢饉の時に毒抜きをして食料にされるというその花の曖昧さ、、、そして、その毒が死者を守る(動物などから)と墓所に植えらたがために今では忌むべき存在としてみられている。等々
 バックは夕暮れ時をイメージして描きましたが、やっぱり昼と夜との境目ですね。
 こんな風にいろいろと想像しながら描くのが私流です。

(〃^∇^)o_彡☆あははははっ ちょっと固すぎたかなぁ~? 言葉にすると固くて変ですね。文字を操るのはむずかしい~(爆爆)バタリ (o_ _)o ~~~ †
スポンサーサイト
テーマ:絵が好きな人
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。